Webセントリックマーケティングのチカラ

経営戦略において真剣にWebセントリックマーケティングを考えてみよう

マスメディア+自社メディア+ソーシャルメディア=トータルメディアプラン

いまさらですが、あけましておめでとうございます。

案の定、エントリーが遅れています。 (いつも思うことはあるのですが、なかなか書き込むのは大変です。。)

 

さて、Webセントリックなマーケティング戦略を考える上で、重要なのは、

 

  ブランド認知>ブランド理解>購入>ロイヤリティー醸成>再購入 

 

の全ての購買体験において、あらゆる顧客接点での体験を設計し、

全体を最適化することが重要だと思っているのですが、

「あらゆる顧客接点」を網羅するための一つのフレームワークとして、

 

  • 他社メディア(マスメディア) 
  • 自社メディア
  • ソーシャルメディア

 

の3つのメディアの切り口を提案しています。

これまでメディアプランニングというと、「マスメディアにおける予算配分や」でしかありませんでしたが、

そもそも企業には、この3つのメディアを活用するチャンスがあるわけで、

この3つのメディア全体で、最適な予算配分を行うべきだと考えるわけです。

そうすると、企業やブランドによっては、

 

  マス:自社:ソーシャル=9:1:1

 

かもしれないし、場合によっては、

 

  マス:自社:ソーシャル=1:4:5

 

かもしれない。

もっと、自社メディアやソーシャルメディアに適切な予算配分をし、

戦略的に活用していかないといけないわけですね。

さて、ここでいう企業が活用するソーシャルメディアとは、

 

  • 自社で運用するSNS
  • 自社ブログを運用すること
  • 世の中に存在するコミュニティーに積極的に参加すること
  • バイラルプロモーションを展開すること

 

などが考えられるかも知れませんが、いずれにせよ、

社内にソーシャルメディアの担当者をおく必要が出てきています。

米国では、 Community Manager  といったポジションも社内に出てきているようです。

 

ところで、ネットイヤーグループは、昨年のクリスマスイブに

ソーシャルメディアやバズを活用したインタラクティブプロモーションに強い

トライバルメディアハウスを子会社化しました。

 

これにより、ネットイヤーグループとしては、

 

  • 自社メディア開発&活用 (多様なウェブ戦略の策定からクリエイティブ)
  • ソーシャルメディア開発&活用 (CGMやソーシャルメディア戦略の策定からクリエイティブ)

 

までを提供することが可能になります。

それにしても、トライバルメディアハウスの池田さんは、スーパーです。

2009.01.12 by sasaki