Webセントリックマーケティングのチカラ

経営戦略において真剣にWebセントリックマーケティングを考えてみよう

自社メディア戦略 ~いつまで続くか分からないプロローグ

■ いまさらながら

もう、世間が、ほぼ同じようなビジョンを発信しているし、
業界はソーシャルネタばっかりだし、
猫も杓子も次世代、次世代と叫んでいる中で、
このブログを更新するモチベーションがあまり高まらなくなってしまいました。
いまさら僕が書くまでもないと思います。
(単なる筆無精の言い訳でもありますが)

とはいえ、僕はやっぱり「自社メディア戦略」というものを
じっくり体系的に整理をしたいなぁと思いつつ日々を過ごしているわけですが、
日々、飲んだり、食べたり、あそんだり、仕事をしているのが忙しくて、
これがなかなかまとまらないのです。
「まとまったら本にしてやろう、、」という野望も胸に秘めつつも。

この辺りで識者たちからは、「ソーシャルはどうなんじゃ!?」みたいな
つっこみが入りそうなんで、あえて補足しておくと、
自社メディア戦略にはソーシャルの本質的な要件は内包しているという前提です。

今日のエントリーは、その「いくつ」まで続くかは分かりませんが、
自分の考えをまとめきる前のプロローグその1です。

■ 気がついたらもう、すっかりデジタルメディアに囲まれている

とにもかくにも、iPadが誕生してくれたおかげで、俄然、説明しやすくなった、というか、
人々がイメージしやすくなったのではないかと思う今日この頃。
何が企業にとっての自社メディア戦略なのか。
これは、別の言い方をすると、「何が企業のデジタルメディア戦略なのか」とほぼ同意。

企業は、スマートフォン、iPad、PC、デジタルテレビ、デジタルフォトフレーム、自動販売機という
多種多様なネットワークにつながったデジタルデバイスの上で、
わがままな顧客ニーズに合わせたアプリケーションやコンテンツを通して、
さまざまなサービスを提供し、顧客だろうと、顧客ではない人だろうと選り好みすることもなく、
ブランドとの関係作りを模索していかなければいけない。
というか、関係を作ることができるビッグチャンスが生まれました。

これらの接点の全ては、企業が自らコントロールできるのです。
どこの誰に、どんなサービスを、どのタイミングで、どこで、
どのように提供するかを決めることができます。
その人たちがどのような反応をしたかをトラックすることもできます。
そして、それぞれのサービスがどのような効果をもたらしているかを測ることができる、はずです。
そこで商品を売るも良し。カスタマーサポートをするも良し。一緒に商品を企画するも良し。
自慢し合うも良し。ストーリーをシェアするも良し。
ブランドにとって戦略的に優先順位の高いことに取り組めばよろし。

ざっくり言うと、こう言った全体像を描くのが
僕が言うところの「自社メディア戦略≒デジタルメディア戦略」であり、
各企業に必要なことだと思っています。

「3メディアx3スクリーン」なんて言われていますが、
マトリックスは、たぶん、9つでは足りないかな。

あんまり厳密に言われると、
「自社メディア戦略に店舗戦略は含まれるのか」とか、
「セミナーとかイベントとかどうすんだ」とか、いろいろとツッコミどころ満載なんですが、
ここは1つ、「デジタルメディア」にフォーカスしてみてください。

なぜなら、顧客とインタラクションを取って、
サービスや顧客との関係をネットワーク的に広めたり、強めたり、
そして顧客情報を取って活用し、理論上、全ての効果測定をしていくことが
ビジネスモデルを本質的に変える可能性があるからです。

これは店舗を無視すると言うことではなく、店舗内にデジタルメディアを設置するなり、
店舗内でのスマートフォンの活用などで、十分対応できます。

■ 自社メディア開発はコストではない

しかしながら、現状ではほとんどの企業は、
iPhoneやiPad、(レイヤーは異なるが)Facebookなどによって
新しく誕生した顧客接点を、「新たなコスト」だと捉えています。

「また新しいタイプのコンテンツを用意しなければ行けない」
「また新しいシステムを作らなければいけない」
「また費用が増える」

そうではないのです!

接触できなくなった顧客と、接触するチャンスが増えたのです。
テレビから離れた顧客と、スマートフォンを通して、話すことができるようになったのです
雑誌から離れた顧客と、iPadを通して、話すことができるようになったのです。

これは、まさにチャーンス到来なはずなのです!

むしろ、お客さまに対して、新しいエクスペリエンスを提供することができて、
とってもワクワクすることなわけです。
もし、競合他社に先駆けて、すっごいインパクトのあるエクスペリエンスを作り出せたら、
それはすごいアドバンテージになります。

繰り返しですが、ブランドの競争力を高めていくために、
こういったデジタルメディア活用の全体像を中長期的な視点で描き、
どのような順番で、何から着手していくかを計画していくことを、
自社メディア戦略として考えていきたいわけです。

ご興味のある方はご連絡を下さい。

2010.05.09 by sasaki

マスメディア+自社メディア+ソーシャルメディア=トータルメディアプラン

いまさらですが、あけましておめでとうございます。

案の定、エントリーが遅れています。 (いつも思うことはあるのですが、なかなか書き込むのは大変です。。)

 

さて、Webセントリックなマーケティング戦略を考える上で、重要なのは、

 

  ブランド認知>ブランド理解>購入>ロイヤリティー醸成>再購入 

 

の全ての購買体験において、あらゆる顧客接点での体験を設計し、

全体を最適化することが重要だと思っているのですが、

「あらゆる顧客接点」を網羅するための一つのフレームワークとして、

 

  • 他社メディア(マスメディア) 
  • 自社メディア
  • ソーシャルメディア

 

の3つのメディアの切り口を提案しています。

これまでメディアプランニングというと、「マスメディアにおける予算配分や」でしかありませんでしたが、

そもそも企業には、この3つのメディアを活用するチャンスがあるわけで、

この3つのメディア全体で、最適な予算配分を行うべきだと考えるわけです。

そうすると、企業やブランドによっては、

 

  マス:自社:ソーシャル=9:1:1

 

かもしれないし、場合によっては、

 

  マス:自社:ソーシャル=1:4:5

 

かもしれない。

もっと、自社メディアやソーシャルメディアに適切な予算配分をし、

戦略的に活用していかないといけないわけですね。

さて、ここでいう企業が活用するソーシャルメディアとは、

 

  • 自社で運用するSNS
  • 自社ブログを運用すること
  • 世の中に存在するコミュニティーに積極的に参加すること
  • バイラルプロモーションを展開すること

 

などが考えられるかも知れませんが、いずれにせよ、

社内にソーシャルメディアの担当者をおく必要が出てきています。

米国では、 Community Manager  といったポジションも社内に出てきているようです。

 

ところで、ネットイヤーグループは、昨年のクリスマスイブに

ソーシャルメディアやバズを活用したインタラクティブプロモーションに強い

トライバルメディアハウスを子会社化しました。

 

これにより、ネットイヤーグループとしては、

 

  • 自社メディア開発&活用 (多様なウェブ戦略の策定からクリエイティブ)
  • ソーシャルメディア開発&活用 (CGMやソーシャルメディア戦略の策定からクリエイティブ)

 

までを提供することが可能になります。

それにしても、トライバルメディアハウスの池田さんは、スーパーです。

2009.01.12 by sasaki

Webサイトの重要性

ここ数ヶ月、社内外でしつこくWebセントリックマーケティングについて紹介をしています。

「概念過ぎてよく分からないけど、概ね、合っているんじゃない?」

というのが、大方の見解でしょうか。。

 

一つ気になるのが、Webセントリックマーケティングの概念図を見ると、

Webを作っていた人が、「そうか、自分はWeb以外の仕事もやらなければいけないんだ!」と

悟ったように、目を輝かせている傾向があるということです。

 

僕ははっきり言いたい。

 

   「全然、違います」 と。。

 

むしろ、

 

   「Webはもっと重要になっているので、

    Webを作ってきた人は、もっとWebの可能性を探求すべき」

 

なんです。

Webセントリックマーケティングで求められるWebサイトの姿をもっと追求し、

どんなことができるのか、何を為すべきなのか、どんなコミュニケーションをすべきなのか、

どんな機能を持つべきなのか、どんなブランディングをすべきなのか、

どんな風に商品特性を伝えるべきなのか、どうやったら店舗に誘導できるのか、

どうやったらもっと顧客属性を取ることができるのか、

どうすれば負荷をかけずに更新頻度を上げられるのか、

あー、たくさんあるわけです。深いです。幅が広いです。

 

 

Webセントリックマーケティングの中核は、文字通りWebです。

Webが、中核の役割をきちんと果たしてくれないと、

マーケティングが成立しません。

Webセントリックマーケティングは、

ユーザーエクスペリエンスデザイン (User eXperience Design )に基づいているのです。

ディレクター、インフォメーションアーキテクト、コピーライター、プランナー、デザイナーのみなさん、

もっとマーケティング視点で、Webの活用方法を探求して下さい。

2008.11.30 by sasaki